薬師寺寛邦 キッサコ - Yakushiji Kanho Kissaquo Official Website

PROFILE

1979年生まれ。愛媛県今治市出身。禅僧であり音楽家。
現在、愛媛県今治市にある臨済宗・海禅寺の副住職。

2003年、薬師寺を中心に、コーラスグループ「キッサコ」を京都で結成。
名前の由来は、「お茶でもどうぞ」の意味を持つ禅語「喫茶去」から。

2013年、薬師寺が修行を終え、僧侶になってからは、仏教の教えをわかりやすい日本語に置き換え、懐かしいポップスのメロディーとハーモニーで伝えていくことをコンセプトに、寺院ライブを軸として活動を展開する。

今までにアルバム5枚、シングルは15枚以上リリース。

2016年7月16日には、松山市民会館大ホールにてワンマンライブを開催し、700人近くの動員を記録。 同年リリースの5枚目フルアルバム「日日是好日」は、TSUTAYA CDデイリーランキングにて堂々の3位を獲得。 2017年8月3日、アルフィー坂崎幸之助氏のテレビ番組「お台場フォーク村」にゲスト出演、坂崎氏・所ジョージ氏と共演を果たす。 2018年7月、メンバーである山元の脱退が決まり、 7月28日に京都アルティで行われる二人体制キッサコのラストライブは500席がSOLD OUTとなる。

同年8月より、15年間続けてきた「キッサコ」の名を引き継ぎ、 新たに、”僧侶ボーカルプロジェクト”「薬師寺寛邦 キッサコ」として再始動する。

また、僧侶として次世代に仏教をつないでいくため、音楽と仏教を掛け合わせ、 般若心経に声を重ねアレンジしたアルバム「般若心経」を今年5月にリリース。

オリジナルバージョンである「般若心経 cho ver.」は、YouTubeで170万回再生を突破! 台湾の東森新聞では160万回、中国のSNSでは驚異の1,500万回再生を記録。 フジテレビ「めざましテレビ」等、多くのメディアにて取り上げられた。 中国での大反響を受け、9月には舟山市での音楽フェスに出演、 12月には、中国本土・台湾を巡る全6箇所公演のワンマンライブツアーの開催も決定。

日本からアジアへ、縁を繋ぎ、仏教を音に乗せ、伝え続ける。

1979年生於愛媛縣今治市。現在擔任位於愛媛縣今治市的臨濟宗海禪寺副住持一職

他既是禪宗僧侶,又是一位音樂家。

2003年,以藥師寺為中心,與愛好音樂夥伴們一起在京都結成了【喝茶去】組合。
組合的名字,含有「來杯茶吧」的意思,是由禪語中的【喝茶去】而得來。

2013年,藥師寺在完成修行後成為一名僧人,
開始用通俗易懂的日語替代佛教教義,
以懷舊流行音樂的旋律為基礎,用和聲來傳達理念,
由寺廟音樂會開始展開演出。
到目前為止,他們已經發行了5張專輯和超過15張的單曲。

作為一名僧侶,為了將佛教與下一代緊密相連,他將音樂和佛教相結合,
經過3年的醖釀,與般若心經相結合經過改編的專輯 「般若心經」在今年的5月發行。
他獨創的【般若心經cho ver.】版本,在YOUTUBE已超過170萬次的播放量!
他在台灣東森新聞的報道被瀏覽了160萬次,在中國的社交媒體中更是創造了播放量令人驚嘆的1500萬次的記錄。

在日本,它被包括富士電視台【喚醒電視台】等眾多的媒體競相追捧。並受邀在Nico Nico超會議上表演。
2018年9月份他在中國佛教聖地-普陀山旁的東海音樂節上完成了他的中國首演,演出大獲成功並受到中日兩國媒體的大量關注和報道。
12月,他們將攜新的單曲在中國大陸,香港和台灣舉辦「緣yuan」個人巡回演唱會。
從日本向亞洲進軍,因緣分而緊密相連,把佛教融入音樂,將會繼續傳承。